スキンケアの際に気を付けていること

スキンケアをするときは、できる限り時間をかけてゆっくり丁寧に行うようにしています。
洗顔した後、まずは化粧水を少量ずつ手の平にとって、少しずつお肌に浸透させていきます。
これを何度か繰り返していると、乾燥してカサカサになっているお肌が潤っていくのを実感できます。
じっくり化粧水をなじませた後は、乳液をなじませます。
乳液はクリームと違って水分が多いので、オイリー肌の私でも使いやすいです。
お肌を程よく保湿してくれるから、暑い季節も快適に保湿できました。
ここでいつも気を付けているのは、化粧水をなじませた後、すぐに乳液をつけないことです。
できるだけ時間をかけて化粧水を浸透させてから乳液を塗れば、お肌の上で二つのアイテムが混ざり合ってしまうことがなく、よりしっかりスキンケア効果が実感できると聞いたからです。
もちろん、乳液をなじませた後もすぐにメイクをするのではなく、手の平で包み込むようにしっかり浸透させています。
このひと手間をかければメイク崩れも防げるので、毎日少しだけ早起きして実践しています。


最新投稿